カーセンサー 中古車査定

軽自動車のメリットとデメリット

大人気な軽自動車ですが、この大人気にはどんな秘密があるのでしょうか?
そして軽自動車を選んだことによって何か弊害があるのでしょうか。

 

軽自動車は、日本独自の軽自動車規格というものに合致した車のことを言います。
制限されているのは、ボディサイズ、エンジン排気量、定員、積載量などで、これらすべてをクリアしているのが現在の軽自動車なのです。

 

軽自動車を選ぶとどんなメリットがあるかというと、一番大きなものは維持費の安さです。
普通自動車といわれる登録車は一番安くても29500円の自動車税がかかりますが、これが軽自動車となると乗用車で7,200円、商用車で5,500円で済むのです。
現在普通自動車でリッターカーというものが非常に少なく、ほとんどがその一つ上のクラスとなり税額も34,500円となるため、余計にそのメリットを感じられます。

 

それ以外にも小さなボディの扱いやすさ保管場所のスペースが少なくて済むこと、高速道路など有料道路の通行料が安く済むこと、排気量が小さいことからくる基本的な燃費性能がよいことなどがありますが、デメリットもあります。

 

軽自動車はかなり厳しいボディサイズ制限があります。
一昔前から比べると大きくなってきましたが、それでも体の大きい男性などが乗るとやっぱり狭さを感じます。

 

もう1つ制限されているエンジン排気量によっても走行性能の悪さというデメリットが生まれてきます。
特に最近では燃費向上のためにターボエンジンを搭載する軽自動車が少なくなりNAエンジンの軽自動車がたくさん走る様になりましたが、660ccのNAエンジンのパワーでは車の流れになかなか乗れず、逆に危険なことになります。

 

あとは、やはりどうしても軽視されてしまうことが挙げられます。
特に合流地点などでは速度があまり出せない軽自動車を前に入れたくないためか、なかなか道を譲ってくれないことも。