カーセンサー 中古車査定

軽自動車の売却に必要な書類

車は法律によって管理されているので、何をするにしても国やお役所などで手続きを行う必要があります。
その手続きに必要な提出書類というものもあり、全て揃わないと手続きできません。

 

軽自動車は一般の普通自動車と違って管理する機関が違い、それにより必要となる書類やその形式などが若干違いますが、提出書類などはほぼ共通です。

 

車を買取ってもらう際の手続きは名義変更手続きが中心的なものとなります。
買取店などで行う場合は手続き自体すべて代行してくれますが、個人情報を伴う書類を取得するには本人でなければできません。

 

 

以下、必要となる提出書類を紹介します。

 

車検証

これは車に関する手続きでは必ずといっていいほど必要となるもので、車のコンソールボックスなどにいつも入っているものです。

 

軽自動車税納税証明書

軽自動車税をきちんと払っているという証明をするための書類で、これも車検証と共に運転時には携行する必要があるものです。

 

自賠責保険証明書

必ず加入しなければならない自賠責保険のきちんと加入しているという証明となるもので、新車時や車検時に新しいものが発行されます。
これも運転時の傾向義務があるものですので、車検証入れに一緒に入っているでしょう。

 

自動車リサイクル券

これは要するに廃車にした時の費用をあらかじめ支払ったという事の証明書で、名義が変わってもこの権利は持ち回りとなり、名義変更時にこの費用も売り側が買い手側から受けることになります。

 

 

後はローンが残っている車の場合は別途必要書類が出てきますのでそれが必要になります。

 

色々な提出する書類があり、なかなか素人ではスムーズにいきません。
ですが、無料一括査定サイトなどに掲載されている買取店であればすべて代行してくれますし、必要である書類もちゃんと教えてくれるので、買取店を探す時にも無料一括査定サイトを利用する方がいいでしょう。