カーセンサー 中古車査定

どんな軽自動車でも売れるのか?

軽自動車に限らず、車は長く乗っていればいくつか問題が出て来ます。
それはキズやヘコミがだったり、大小に関わらず事故を起こした事故車だったり、走行には支障がないまでも車に不具合が起きる故障車だったりします。
また、車検が間近に迫っていたり、車を売りたくてもローンが残っていたりする場合もあります。
これらの問題がある軽自動車は売れるのでしょうか?
以下に中古車買取業者における、問題ある中古軽自動車の扱いをまとめました。

 

 

キズやヘコミがある軽自動車

キズやヘコミがある中古の軽自動車ももちろん買取りの対象です。
というよりも、車に小さなキズやヘコミがあっても思ったより買取査定額は下がらないものです。
中古車買取店側でも、車にはキズやヘコミは付き物というくらいの感覚のようです。
ですから、多少のキズやヘコミがあってもあまり気にせずに買取査定に申込みましょう。
一つの注意点として、キズやヘコミを修理して買取査定に出すことはオススメしません。
その修理代が買取査定額に反映されないことが大半だからです。
まずは、インターネットでカーセンサーなどの無料の買取査定に申込んでみましょう。

 

事故車

事故を起こした軽自動車や事故歴のある軽自動車も買取りの対象です。
以前でしたら事故に遭ったことのある車は廃車またはスクラップ扱いでした。
しかし、近頃では事故車も買取りの対象になっています。

 

車検切れまたは車検が切れそうな軽自動車

車検が切れてしまっていたり、車検の残りが少ない軽自動車はほとんど価値がなく売れないと思ってしまいがちですが、インターネットの車買取査定サービスを受けてみてください。
その査定額に驚くでしょう。
もちろん車検の残り期間が長ければその分、車の買取価格は高くなりますが、車を買取る側にとって車検の期間の長短はそんなに大きな問題ではありません。
理由として、車買取り業者は自社の車検工場を持っていたり、提携している民間車検工場があり、安い金額で車検を通すことが出来るからです。
車検の問題を持っている軽自動車を売りたい時に車検を受けてから買取査定に申込むことはやめましょう。
車検を受けた費用分が、上記の理由から買取査定額に反映することはないからです。
まずは現状のまま車買取査定に申込むことをオススメします。

 

ローンが残っている軽自動車

ローンが残っていて、まだローンを支払い中の軽自動車は売ることが出来ないと思っている方が多いようです。
確かに、ローンが残っている車は基本的に売ることは出来ませんが、現在の車買取店では残ったローンを一旦返済する形を取って買取りをしてくれますので、相談だけでもしてみるといいと思います。
車の査定額がローン残高を上回る場合は問題ありませんが、車の査定額がローン残高を下回った場合はローンの組み換えをしてくれることもありますので、是非とも車買取業者に相談することをオススメします。

 

故障車

故障している軽自動車ももちろん買取りの対象です。
故障しているといってもガス欠やバッテリーがあがっているだけかもしれませんので、故障の原因は調べておきましょう。
軽自動車の故障原因は多岐に渡りますので、少しの不具合が生じたからと廃車にしてしまうことはしないようにしましょう。
故障して動かない車も買取りの対象になります。
車が動かない場合は出張査定をしてくれる車買取業者も多いので、ぜひ相談してみましょう。