カーセンサー 中古車査定

軽自動車買取で査定額を10万円アップさせるコツは?

新車への乗り換えなら、新車を購入するディーラーで下取りしてもらう場合が一番多いようです。
ですが、ディーラー下取りの約7割は損をすると言われているのをご存知ですか?

 

ディーラーはあくまで新車の販売がメインであり、買取で利益を出すという考えはあまりありません。
代表的なケースは、新車の値引きが出来ないかわりに下取り額をアップさせるという商談です。

 

これでは、その軽自動車の本当の価値が分かりません。
そこでお勧めしたいのが、買取店や中古車屋さんでの査定です。

 

買取店は全国のリアルタイムでの買取実績をもとに、その時一番高い買取相場を基準に軽自動車の価値を査定します。
そのため、買取価格が高水準で安定している特長があります。

 

また、中古車屋さんは買取店に比べて買取台数は少ないですが、買取った軽自動車を次のお客さんへ直接販売できるという特長があります。
仕入れにかかる中間マージンがないので、その分を買取価格への上乗せという形で還元することが可能なのです。

 

買取店と中古車販売店。
それぞれ得意不得意があるのも事実ですので、複数のお店で査定をしてもらうのがいいでしょう。

 

買取店や中古車販売店など複数のお店に査定を依頼するのなら、インターネットから簡単に申し込めるカーセンサーなどの無料一括査定サイトが一番便利です。
また、他のサイトでの査定も試してみたい方は、「楽天オート」も使いやすくてオススメです。
「楽天「愛車一括査定」で高く買い取ってもらう為には?」で紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

どの買取店でもほとんど同じだった買取価格が、中古車販売店では10万円以上高く評価されることもあります。
「色々なお店の評価を聞いて、一番高いお店に買取ってもらうことが出来る」これが一括査定の最大のメリットです。

 

もちろん、査定してもらった結果、ディーラー下取りが一番お得だったというケースもあるでしょう。
しかし、高く売れるかもしれない軽自動車、売却前に少し時間をかけるだけで、大きなメリットがあるのですから試してみる価値は十分にあります。