カーセンサー 中古車査定

軽自動車の買取査定の特長とは?

「軽自動車」と聞くと一昔前までは、パワーが無く走行性能が低い・人や荷物が載せられない・ボディが軽く事故時に危険など、マイナスイメージが強い車でした。

 

しかし、最近では普通車以上に売れ行きが好調なのです。
燃費が良い、税金が安い、各種メンテナンス費用が割安など、経済面で軽自動車を選ぶ人も多いのではないでしょうか。

 

また、車体が小さく女性でも扱いやすいだけでなく、エンジンに代表される走行性能の向上、装備の充実によって、ファーストカーとしても十分満足出来る作りになっています。

 

そんな今大人気の軽自動車ですが、いざ乗り換えする際の下取りや買取査定についても、とてもお得な車種なのはご存知ですか?
簡単に言うと、軽自動車は価値が下がりにくい車種なんです。

 

例えば、新車価格が500万円程度する高級車も3年経てば、買取査定価格は新車時の半額以下になってしまうことが多いです。
しかし、中古車市場でも人気の軽自動車は、需要が安定していることや、売れ行きの良さを理由に、買取相場も高値を維持しているのです。
つまり、下取り価格や買取価格が高いため、売却時にはとてもお得になるのが軽自動車ならではの特長と言えます。

 

だからと言って、どこで査定してもらっても高価買取をしてもらえるとは限りません。
なぜかと言うと、買取店、新車ディーラー、中古車屋さんなど、査定するお店によって評価基準が変わるからです。

 

他の車種に比べて買取価格が下落しにくい軽自動車だからこそ、そのメリットを最大限に活かして高価買取を実現したいですね。